自作の保存水は体に悪いの?市販のペットボトルの水なら安全?

近ごろ、地震や津波、台風などの

自然災害が増加傾向にあります。

 

特に日本は地震大国ともいわれ、

毎日のように各地方で地震が発生しているという

ニュースが流れることも多くなりましたよね。

 

 

東京などの都心部で地震が起こったり、

東北の大震災や岡山県倉敷市の西日本豪雨の

浸水被害も記憶に新しいです。

 

災害の影響でライフラインが断絶され、

飲料水はおろか、お風呂や洗濯などの

水が使用できなくなってしまったら

生活が立ち行かなくなります。

 

そんな時、災害時に役立つ長期保存水は、

生き延びるために必要不可欠なアイテムです。

 

今後も、災害による被害は

増加していくかもしれません。

 

今回は、少しでも災害被害を軽減できるように、

自宅で作れる保存水の製造方法と、

市販のペットボトルの水は

本当に安全なのかを調べてみました。

 

災害の備えとしてお役に立てればと思います。

スポンサーリンク

保存水と普通の水にはどんな違いがあるの?

普通の水と違い、

貯蓄できる保存水にはこんな特徴があります。

 

  • 5~10年ほど保存が可能
  • 水に含まれている不純物を完全に除去している
  • 空気などが入らないように密閉保存されている
  • 無菌なので安全性が高く、赤ちゃんの飲料水としても使用できる
  • 日光などの酸化を防ぐため

ペットボトルではなく、アルミボトルや缶が使用されている。

 

製造過程において中の水を無菌、

外部からの空気や日光を遮断して清潔に保つことで

長期保存が可能な水になります。

 

 

次は、市販のペットボトルの水についてです。

 

  • 賞味期限が12年ほどなので、長期保存に向かない
  • ペットボトルは通気性があるため、水が蒸発していく

そのため、外部からの日光に弱く、酸化しやすくなっている

 

購入してすぐ飲むのであれば

全く問題ありませんが、

長期にわたって菌の繁殖や水の酸化を

防ぐのは難しそうです。

 

長期保存できる水と市販のペットボトルの

水を比較してみると、

容器や製造過程における違いが

ハッキリと分かりました。

 

 

災害はいつ起こるかわかりません。

貯蓄するなら長期保存できる水を

用意しておいたほうがいいでしょう。

 

また、水が清潔に保たれている保存水は、

開封していなければ、

いつでもきれいな状態で飲むことができるので、

長期保存・安全性に優れています。

 

 

スポンサーリンク

市販のペットボトルの水は本当に安全なの?

前述したように、市販のペットボトルの水には

賞味期限があります。

 

なぜ賞味期限があるのかというと、

飲食品には食品衛生法や食品表示法などがあり、

皆がそれを守るように法律で定められています。

 

その中に「計量法」があります。

 

通気性の良いペットボトルが蒸発する前に

美味しく飲める期間として、

成分表に賞味期限がきちんと表示されています。

 

長期保存には不向きですが、

賞味期限内に開封して飲むのであれば

十分に安全性が確保されている水です。

 

また、災害時で自宅周辺が浸水した場合には

両脇にペットボトルを抱えて浮遊できるので、

救助隊がくるまでの応急措置として活用できますよ。

 

自宅でもできる長期保存水の簡単な作り方

万が一、災害が起こった時に役立つ

長期保存水の作り方を調べました。

自宅でも簡単に作れるので、

ぜひ試してみてくださいね。

 

 

用意するもの

 

  • 水の入ったペットボトル
  • バケツ
  • ビニールテープまたはペン
  • 消毒液(次亜塩素酸ナトリウム)
  • 食器用洗剤

 

手順

 

  • ペットボトル内を中性、強酸性の洗剤で

しっかり洗って清潔な状態にする

  • 2ℓの水に消毒液を2~3ml程度を

入れ混ぜて1時間ほど置く

 

  • 中の水を捨ててミネラルウォーターや清潔な水を

ペットボトルに入れる

 

  • 水が入ったペットボトルの容器に日光や空気などの

不純物が入らないようにビニールテープなどで密閉し、

ペットボトル全体に貼る

 

  • 飲料可能な期限を過ぎないように

作成した日時をペットボトルに書く

 

  • 暗い場所に保管する

 

自宅の長期保存水は、

開封しなかったら2~3年は持ちます。

 

こちらの作り方は飲料水ではなく、

生活用水として使用してくださいね。

 

 

まとめ

長期保存水は、製造過程によって

菌や不純物を完全に除去してあります。

 

清潔な状態で保存されているので

市販のペットボトル水よりも賞味期限が長く、

わざわざ買いに行く手間も省けるのでおすすめです。

 

種類がたくさんあるので、各メーカーごとに比較して

用途に合った長期保存水を購入してみてくださいね。

 

購入した際はきちんと保管・
管理を徹底し、

定期的に確認するのを忘れずに!

スポンサーリンク
おすすめの記事