赤ちゃんが泣き止まないからって放置していませんか?

「赤ちゃんは目に入れても痛くない!」

 

なんて言われるほど、

我が子の存在は愛おしいもの。

 

特に新米ママさんにとって、

初めての我が子を育てる喜びは

何ものにも代えがたいですよね。

 

泣くのは赤ちゃんの仕事といわれています。

ですが、ずっと泣いている赤ちゃんをみていると

つい叩いてしまいそうになったり

精神的に辛くなることがたくさんあると思います。

 

今回は、そんな頑張りやのママさんに朗報!

 

ママさんが安心して子育てができるように、

赤ちゃんが泣く理由と対処法について

徹底的に掘り下げてみました。

 

 

スポンサーリンク

そもそも赤ちゃんが激しく泣く原因を知っていますか?


おむつやミルクを与えても、

泣き止まないときはとことん泣き止まない赤ちゃん。

 

そもそも、なぜ赤ちゃんは泣くのでしょうか?

赤ちゃんが泣く原因について調査してみました。

 

◎生後1か月~3か月ごろ

 

生まれたばかりの赤ちゃんの視力は

0.010.02ほどしかなく、

ほぼ光の明暗で物体を認識します。

 

影の線で物体の大きさや小ささを

認識しています。

 

目の前が突然暗くなったりすると

恐怖で泣いたりするケースも考えられます。

 

また、周りがうるさかったり

刺激が強い環境だと、共感を覚えて

一緒に泣いたりすることもあるそうです。

 

 

◎生後4か月~6か月ごろ

 

この頃から目の発達が進み、物体を認識し始めます。

おもちゃなどに自ら手を伸ばすようにもなります。

 

なので、いつも使っているおもちゃが近くにないと

不安で泣いてしまうことも。

 

顔を近づけると赤ちゃんがじっと

見つめてくることはありませんか?

それは徐々に視力が上がっている証拠です。

 

 

◎産後7か月~9か月以降

 

だいぶ視力が発達し、人の顔の区別がつくようになります。

ボールが転がったり、おもちゃを持ったりします。

食べ物の色も認識できるようになるので、

周囲のものに興味を持ち始める時期といえます。

 

顔の区別がつくので、個人差はありますが

人見知りしたり夜泣きが始まったりします。

 

 

スポンサーリンク

赤ちゃんが眠っている時に突然泣く理由と原因と対処法

 

赤ちゃんが泣く原因の多くは、

「不快感の症状」から成り立っているそうです。

 

原因が考えられる症状をまとめてみました。

 

  1. 肉体的な不快症状

 

  • お腹が空いている
  • オムツが汚れている
  • 眠たい
  • 暑すぎるor寒すぎる など

 

  1. 精神的な不快症状

 

  • 音・光・匂いなどの環境変化
  • 抱っこしてほしい
  • 眠たくてぐずっている(寝ぐずり)
  • リラックスしたい など

 

この他にも、風邪をひいて体調が悪かったり

体がかぶれて痒かったり痛かったりすると、

赤ちゃんが泣いて教えてくれます。

 

対処法としては、

ミルクをあげたり、オムツ替えをする。

赤ちゃんが不快に思っていることを

取り除いてあげてみてください。

 

夫婦喧嘩も赤ちゃんの環境にはよくないので、

冷静に話し合って解決するようにしましょう。

 

 

赤ちゃんが寝る前に泣く理由がちゃんとあった!

寝るのかな?と思っていたら急にぐずりだし、

寝てもすぐに起きて泣いてしまう子もいます。

 

この症状を「寝ぐずり」といい、

多くのママが悩みを抱えています。

 

なぜ寝る前に泣いてしまうのでしょうか?

赤ちゃんが寝ぐずりする理由を調査しました。

 

 

  1. 睡眠のサイクルが不定期

 

体が未発達のため、睡眠のサイクルが

定まっていないことが挙げられます。

 

対策としては、早寝・早起きを心がけること。

そして、適度に遊びを取り入れて

赤ちゃんを運動させてあげましょう。

 

私たちと同じように、

赤ちゃんも体力が満タンだと活発に行動します。

夜、ぐっすり眠れるように生活サイクルを安定させましょう。

 

  1. 寝る前の習慣グセ

 

赤ちゃんが寝る前、

ずっと抱っこしているクセがついていると

不安になって泣きだす可能性があります。

 

対策としては、

抱き続けず、あやしながら再度抱くの

繰り返しを行い、抱きグセを減らしていきましょう。

 

 

  1. つまらない時

 

赤ちゃんの個人差や性格もありますが、

4か月以降になると視力も上がり、

自我が芽生えはじめます。

その日1日が満足していないと、

「まだ寝たくない」とぐずり出すことも。

 

対策としては、

赤ちゃんの興味があるものであやしながら、

状況に応じて寝かしつけを行いましょう。

好きなおもちゃで遊んだり、

赤ちゃんにやさしく触れてスキンシップを図ることで

赤ちゃんが満足して眠ってくれるはずです。

 

まとめ

子育てはあっという間に終わります。

 

原因がわからない赤ちゃんの泣き声に、

深刻に悩まれているママさんも多いと思います。

 

しかし、赤ちゃんは泣くことで

自分の体調を示し、病気のサインを教えてくれます。

 

赤ちゃんが泣くのはあなたのせいではなく、

誰のせいでもありません。

 

子育ては永遠に続きません。

大変だったこの一瞬が、

愛おしくなる日がきっとくるはずです。

 

どうしても爆発しそうになった時は、

家族みんなで散歩にでかけてみてもいいですね。

 

気分転換しながら、焦らずゆっくり

赤ちゃんと向き合っていきましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事