付き合う前の男子を女子からデートへの誘い方や注意点について

デートへの誘いは、男性からという固定概念が、
女性にも男性にもあると思います。

やはり男性は、男らしく自分から。
女性は、言って欲しい。となる傾向がありますよね。

しかし、好きな人をデートに誘うのに、性別なんて関係あるでしょうか?
私は「NO」だと思います。

今回は、付き合う前の男子を女子からデートへの誘い方や注意点についての、

  • 付き合う前の男子を女子からデートへ誘う!女性からデートに誘うのはあり?
  • 付き合う前の男子を女子からデートへ誘う!女子からデートへの誘い方は?
  • 付き合う前の男子を女子からデートへ誘う!女子から誘うデートの注意点は?

について、調査していきたいと思います。

スポンサーリンク

付き合う前の男子を女子からデートへ誘う!女性からデートに誘うのはあり?

では、実際女性にデートに誘われたら、男性はどう思うのでしょう。

実は、93%もの男性が「あり」と答えているのです。
素直に嬉しい、と考える人が大多数のようです。

男性も、男性からデートに誘わなくてはいけない
というプレッシャーがあったのかも知れませんね。

この男性の声は、私から誘っていいのかなと、
躊躇っていた方には、嬉しい知らせですね。

スポンサーリンク

付き合う前の男子を女子からデートへ誘う!女子からデートへの誘い方は?

では、どのように男性をデートに誘うのが効果的なのでしょうか。

まず基本として、「デート」というワードに重きを置くと、
男性は構えてしまうようです。
男性だけでなく女性もそうですよね。

「デートしようよ」より「ちょっと飲みに行こうよ」の方が気持ちの持ちようが違います。
なるべく、フランクに、会話の流れを大事にしながら誘いましょう。

LINEを利用する

直接誘うと、何か恥ずかしいし、生々しさが出てしまいますよね。

もっと気軽に誘いたいんだ。
そんな時のLINEは、嬉しいツールです。

あくまでも気軽に。
まずは二人でご飯をする。

絵文字やスタンプで、ポップな会話にして誘えば、
相手も気負わなくて済みますよね。

相談がある…

相談したいことがあるから、ご飯でも食べながら聞いて貰いたい。
この文句は、とても強い効力を持っていると感じます。

デートという意識なしに、自然と二人でご飯が出来る環境の出来上がりです。

ご飯でもどう?

直球で誘ってはいますが、決してデート感をださないのが肝です。
何かのお礼でも、何かのお祝でもいいです。

「この間仕事手伝ってもらったお礼に。」
「昇進したんでしょ。お祝いしようよ。」

理由があって、フランクな誘いなら、
きっと男性も気持ちよく、OKしてくれるはずです。

暇だから遊ぼうよ

これは、学生のみに効果的だと感じます。

暇だから、誰かに相手にして欲しいのではなく、
あなたに相手にして欲しいということが、
もしかしたら伝わるかも知れませんね。

付き合う前の男子を女子からデートへ誘う!女子から誘うデートの注意は?

上記のどれかで誘えばOKが貰える。
そんなことはありません。
では、デートに誘う際、気をつる点はどんなことでしょう。

イベントごとの前はNG

クリスマスやバレンタイン。
カップルのイベント事にこだわり、その前に彼氏を、血眼で探す女性はいます。

あなたにそんなつもりがなくても、タイミングがそう思わせてしまう事もあります。
「この人は、イベントのステータスに相手を探しているだけなんだ。」と。

カップルイベントの時期は、避けてデートに誘った方がいいでしょう。

急なデートの誘いはNG

学生でも社会人でも、急なデートの誘いは好まれません。

自分が誘われる側になったら分かる事ですよね。
自分勝手な子なのかな、という印象を持たれてしまうかもしれません。

おごられる前提はNG

デートに誘うときに、おごってね。
なんて言ってしまたら、即終了と思いましょう。

 

 

理論的に色々勉強したい方にはこちらがオススメです!

ぜひチェックしてみてくださいね!

まとめ

今回は、付き合う前の男子を女子からデートへの誘い方や注意点についての、

  • 付き合う前の男子を女子からデートへ誘う!女性からデートに誘うのはあり?
  • 付き合う前の男子を女子からデートへ誘う!女子からデートへの誘い方は?
  • 付き合う前の男子を女子からデートへ誘う!女子から誘うデートの注意点は?

について、調査してきました。

いかがだったでしょうか。

女性がデートに誘われる際、色々思う事があるように、
男性も、デートに誘われる際に、色々思っていることがわかりました。

しかし、デートに誘われること自体は、嬉しく感じることは、女性にとっても男性にとっても良いことだと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事